HOME  WORK  DONATION  MEMBER  LOGO  

HOME > WORKS lecture

bunyaza.jpg

lecture

講演会・視察・演出・アドバイザー等・お問い合わせを希望のみなさま、下記のフォームへの記入をお願いします。

全国各地でお話しをさせていただいています。

予  定

これから開催予定
2015.01.29 群馬県太田市
 
 
 

終  了

IBM
2015.07.11
IBM 様

 
司書講座
2015.06.22
文科省 様

 
スパイラル
2015.05.19
スパイラル 様

 
福智町 職員研修
2015.03.06
福智町 様

 
大阪
2015.02.21
造形大学 様

 
金ケ崎
2015.02.16
金ケ崎 様

 
都城
2015.01.31
都城 様

 
群馬
2015.01.29
群馬 様

 
まちの学校
2015.01.24
まちの学校 様

 
ユーザー会
2015.01.22
日本IBM 様

 
黒崎
2015.01.20
黒崎 様

 
東根
2015.01.16
東根市 様

 
小平
2015.01.14〜15 01.27-28
小平市 様

 
日田
2015.01.12
日田 様

 
福智町シンポジウム
2014.12.21
福智町 様

 
粕屋
2014.12.06
粕屋 様

 
日出
2014.12.03
日出 様

 
日田
2014.12.02
日田 様

 
田川
2014.12.01
田川 様

 
文屋座
2014.11.22
文屋 様

 
「公共施設×まちづくり〜長野県小布施町の図書館「まちとしょテラソ」の取り組みから学ぶ 公共施設を創造的に使いこなすヒント〜」
2014.11.19
秋田市民交流プラザ管理室  様

「死ぬまでに行きたい世界の図書館15」に選出された長野県小布施町の図書館「まちとしょテラソ」をコーディネートした初代館長の花井裕一郎さんを講師に迎え、公共施設が「行政に管理された場」ではなく、市民が創造的に使うことで、そこからつながりや活動がはじまるような「ひらかれた公(おおやけ)の場」にしていく視点について、実践をもとに教示いただく。
京都市職員研修 行政課題講座「まちづくりにつながるこれからの公共空間の在り方とは」
2014.11.12
京都市 様

小布施のまちづくり,公共施設(公共空間)の在り方という観点で講演
スタンダードブックストア
2014.11.10
スタンダードブックストア 様

 
図書館総合展フォーラム
2014.11.06
キハラ株式会社 様

 
図書館を中心とした地域の交流と活性化
 「地域で創ろう!わくわくするコミュニティー図書館」
2014.10.25
勝央町役場勝央町教育委員会 様 勝央図書館 様

図書館を使った様々な活動について解説やパネルディスカッションやシンポジウムなどを行い、幅広い年齢層の住民との意見交換
「ヒトが動き出す演出マネジメントを考える」
2014.10.24
丸亀 長公室 職員課 様

将来の幹部候補生として、若手・中堅職員を対象に、マネジメント能力の向上研修制度を設けられている。本制度は、自己啓発、OJT、研修会などを通して、将来の管理職を育成していくもので、そのプログラムの一環として、本研修会を位置づけている。そこで、今回は、人、組織、仕事をマネジメントした成功談(又は失敗談)などについて講話。
「道草したってわくわく生きれる!プロセスを楽しもう!」
2014.10.09
小布施中学校 様

進路講話。
生き方、演出家として、またまちづくり、図書館との関わりなど、全校生徒へ70分間の講演。
みんなで図書館講座「地域で考える図書館の未来予想図」
2014.10.05
枕崎市立図書館 様

指定管理者制度を導入して2年目の枕崎市立図書館、まだまだ問題をたくさん抱えている。
 人(職員)で解決できる問題点については積極的に改革を進めているが、地域の理解や行政の理解を得なければ難しい問題点もある。
 そこで図書館講座では、広報にも力を入れ、これまで図書館を利用したことのない市民が図書館に来るきっかけになればよいと考えて開催。
講演を聴くことで、図書館に興味を持ち、枕崎市立図書館の明るい未来について地域全体で考える場にしたい。


映像作家がつくった日本一 チャーミングなワクワク図書館
2014.09.18
伊予市文化協会 様

「ひと・まち・ぶんか」を育む市民の広場
「図書館の役割」など新しい図書館のビジョンが、十分深められない
ままの施設づくりという問題点を抱え、WSのなかで克服しいる。
その中で「まちとしょテラソ」のめざすもの、まちじゅう図書館などの経験をレクチャー。


発想の転換とおもてなし
2014.09.18
イオンリテールワーカーズユニオン 様

小布施研修会にて講演


発想の転換とおもてなし ~わくわく演出マネジメントを考える~
2014.09.13
美浜町立図書館 様

平成24年11月にオープンした図書館。それまでは仮住まいでも児童サービスを中心に地域の人にアットホームな図書館として親しまれてきた。
主催者では、「はなぼん」(出版:文屋)から、ますます図書館という既成概念を取り除き図書館がもっと町の中へ出なくては、またまちづくりの中心になるものだと確信したが、しかし田舎では、図書館は自分とは関係ないと思っている方も多い思う。そこで今回の講演が何かきっかけになるような目指す。

館長のグッド・トイ・カフェ「わくわく演出マネジメントが織りなす交流のまちづくり」

2014.08.27
東京おもちゃ美術館 

①16:30~17:30  オブセリズムの活動内容、「まちとしょテラソ」「ハコモノ」、「小布施」など、1時間程お話。
②17:30~18:00  多田館長の司会にておもちゃ学芸員との質疑応答
③18:00~18:30  休憩
④18:30~19:30  花井を囲んでスタッフとのざっくばらんなお話会

 
これまでとこれからの物語を紡ごう!
住民主体のまちづくり!!卯之町「はちのじ」まちづくりワークショップ
2014.08.27
西予市役所 企画調整課 

【ワークショップの概要】
(1)JR卯之町駅周辺、商店街、重要伝統的建造物群保存地区の歴史、言い伝え、想いなどを語る。 
(2)既成概念を取っ払い、まちづくりに必要な要素を「妄想」することで新しいまちをワークショップで検討する。

地域全体で病を考える! まちづくりとしての病院の役割
2014.08.25
神崎総合病院 

病院関係者、行政の方々へ、発想の転換からのまちづくりの講演

文屋座「アイデアが湧き出す、わくわく演出マネジメント」
2014.08.23
文屋 

発想源-アイデアが生まれる処」/文屋座 『建築家っておもしろい-古谷誠章+NASCAの仕事』出版記念

いい発想はどうやって?アイデアは、生まれるのか、湧いてくるのか、浮かぶのか、編み出すのか、捻りだすのか、気づくのか、出あうのか、やって来るのか、 授かるのか、降りてくるのか、降ってくるのか・・・熟達豊潤の建築家と新進芳醇の建築家、練達旬感の演出家。気鋭の三人が、「発想源」を主題に、枠を超え たわくわくの熱論を交わす、熱ーい真夏の文屋座が開催される。
 
文屋座は、書き手と読み手と作り手の、出会いと学びと語らいの文化サロン。
学び座(セミナー)と語らい座(パーティー)の2部構成です。
お誘い合わせてご参加ください。
 
講師:大西麻貴 古谷誠章  花井裕一郎


未来づくり研究所連続講演会「未来形成は パルピテーションから」
第1回「わくわく図書館は地域の交流創造広場!」
2014.08.21
町田市役所 

職員研修として。


ピースビレッジ第25回 まちを元気にする交流創造広場 『まちじゅう図書館』
2014.08.02
NPO法人 世界連邦21世紀フォーラム 

図書館は、「誰でもが世界に通用する「教養」を身につけることができる場である!」と考える。それを実行するためには、本を中心に、映像、音楽、あらゆるイベントなどを収集し公開するのが図書館の仕事となる 。

  また図書館は、広場として存在すると考え、「まちじゅう図書館」という演出を行った。本をきっかけに交流の場を創造する"交流の図書館"だ。店や家、商店 街などに本棚を置くことにより、持ち主の個性を感じたり、馴染みの人の違う一面を感じたり、本をきっかけに同じ関心を持つ人とつながることもできる。人と 人の交流にこそ街を元気にする原動力であると考える。

 小布施町からはじまったこの活動は、北海道恵庭市、宮城県石巻市、期間限定ではあ るが、北九州市などでも開催されるようになっている。大きな図書館だけではなく、コミュニティで資料を保管、共有することで、共に生き、教養をわかちあ う。その時に、「誰でもが世界に通用する「教養」を身につけることができる場である!」図書館は、コミュニティと一体になるのだ。


小布施 図書館とまちづくり 世界に発信する広場を創ろう!
2014.07.31
東根市ロータリークラブ 

図書館を中心にしたまちづくりについて


ブックタウンってなに? 本がつなぐ人とまち 〜まちじゅう図書館〜
2014.07.26
国分寺市/西国図書室 

第1回には、「ブックタウンってなに?」をテーマに、先進事例の紹介。
第2回 ブックタウンを考えよう
第3回 ブックタウンをはじめよう
 1回目は、おもに事例紹介と国分寺の現状と目指すところを示す。
2回目は、市内の公共施設「もとまち地域センター」のサロンを【もちより図書室】にすることになっていて、そのアイデア+市内のお店とも連携したブックタウンのアイデアをだしていきます。
3回目は、アイデアを実現に向けてすすめるために、11/23、24の一箱古本市を中心としたブックイベントの企画を練ります。一緒にひとつのイベントを実現することで、次につながる関係づくりもできればと考えています。
 こうした一連のうごきの皮切りに、小布施のまちじゅう図書館の取組み(はじまりから現状の課題まで)伺えたらと考えてる。

第1回 しお未来まちづくり塾(演出の視点)
2014.07.13
西尾市役所 
総務部 資産経営課 

内容 市民が集う場所ってどんなとこ?~再配置プロジェクトがかなえる未来を創造しよう!~
ファシリテーター 演出家、長野県小布施町立図書館前館長 花井裕一郎

名古屋の書店で『本でまちおこし』
2014.07.13
大学図書館問題研究会愛知支部・京都支部 様

テーマ   : 「と人、人と人をつなぐ試み」
開催日時  : 2014年7月13日(日)14:30~17:00
開催場所  : ジュンク堂ロフト名古屋店イベント会場
スケジュール
第1部(14:30~15:30)
 講演会  :「名古屋書店まちおこし』」
 講師   :花井裕一郎さん(前小布施町図書館長、オブセリズム代表)

 第2部(16:00~17:00)
 大学生ビブリオバトル大会in愛知
 内容   :愛知県内代表者4名ビブリオバトルを開催


タブレット講習会・新聞DB講習会
2014.07.10
長野図書館協会 様

 
タブレット講習会・新聞DB講習会(信濃データベース・ヨミダス歴史館)

時間:10:30~16:10
場所:まちとしょテラソ多目的室


PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~
図書館まちづくり~まちとしょテラソは何を創造したか~
2014.07.04
龍馬プロジェクト全国会・政調会 様

これからの自治体経営にとって、大きな政策課題となる自治体資産をどのように有効活用していくか、 どのように住民を巻き込んで考えていけば良いか、『PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~』を、 株式会社五星パブリックマネジメント研究所の天米一志所長、 長野県小布施町立図書館『まちとしょテラソ』の花井裕一郎初代館長を講師に、 グロービス大阪校をお借りして開催。


せいよし「はちのじ」談す会「まちづくり」講座
「時××創」~これまでとこれからの物語を紡ごう~
2014.07.02
西予市 企画調整課 様

時と人と創造が交流するまちづくり 重伝建地区での講演会式ワークショップ
歴史の積み重ねに、僕たちは生きてきて、歴史に自分たちのプロセスを重ね、未来に届けるという作 業に責任を感じなければならない。
     
日本一の図書館とは -サトから-
2014.06.29
だいすき課『豊橋に日本一の図書館をつくろうプロジェクト』 様

新しく豊橋で「まちなか図書館」の計画があります。そこに少しでもワクワク する魅力的な図書館ができてほしいと思っています。そこでまず、全国の図書館事情の最前線を知ろう!という趣旨で、連続講演会を実施しています。今回のゲストは、"ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2011" や "死ぬまでに行ってみたい 世界の図書館 15" に選ばれ話題の、小布施町立図書館まちとしょテラソ 初代館長・花井裕一郎さん是非みなさま「日本一の図書館」ってどんな図書館か、いっしょに考えましょう。
 
  • 日にち: 2014年6月29日(日)
  • 時間: 14:00開場、14:30開演(17:30までには終了)
  • 場所: こども未来館ここにこ 2F スタジオA
    • 豊橋駅(JR・名鉄)徒歩10分、豊橋市松葉町3-1
  • 参加費: 事前申込1,000円/当日1,500円
    • 25歳以下の学生・院生と、高校生以下:無料(学生証など証明できるものを提示してください)
「まちをテラし、ひとをツナぐ」
2014.06.27
のおがたOffCafe 様

今回は「まちをテラし、ひとをツナぐ」をテーマに、お二人のゲストをお呼びします。

お一人は、新しい図書館のカタチを示した「まちとしょテラソ」初代館長の花井裕一郎さんです。
花井さんは、上京されるまで筑豊、直方で生活されていました。
今回、長野から「ふるさとがえり」して、地元筑豊、直方で語っていただきます。
もう一人は、OffCafeではお馴染み、津屋崎ブランチ代表の山口覚さんです。

お二人とも、まちに移住し、地域にしっかりと根を下ろしてまちに向き合っていらっしゃいます。

今回のOffCafeでは、お二人の歩んでこられた足跡をたどりながら、ゲストのお二人と参加者の皆さんといっしょに、これからのまちへの向き合い方を考えて見たいと思います。

◇花井裕一郎さん
長野県小布施町在住。
新しい図書館のさきがけとも言える、小布施町立図書館「まちとしょテラソ」の初代館長。
現在、演出家、NPO法人オブセリズム CEOとしてご活躍されています。
NPO法人オブセリズム http://obuserhythm.com/

◇山口覚さん
福岡県福津市津屋崎在住。
NPO法人地域交流センター理事、津屋崎ブランチLLP代表、LOCAL&DESIGN(株)代表取締役。
大手ゼネコンからNPOに転じ、東京を拠点に活動。
福岡に戻り、現在は津屋崎に移住し、まちづくりファシリテーターとしてご活躍されています。
津屋崎ブランチ http://1000gen.com/
『日田のまちじゅうを図書館に!』目覚めた本「まちかど図書館計画」勉強会
2014.06.23
エホント 様

エホントが現在取り組んでいる統廃合された小学校の学校図書を配本する事業「本の輪~ブックリング作戦」を日田市教育委員会と協働で進めて2年目を迎えました。

今年度はさらに発展させ、市民のコミュニケーションの場として『日田のまちじゅうを図書館に!』をあげ、住民と協働で考える「本・図書館・まちづくり」をテーマに全6回の勉強会をします。

第一回の勉強会の講師がはなぼんこと花井さんです。
 
勉強会の対象は
司書・まちづくりの活動をしている人・コミュニケーションを学んでいる人・店舗経営者・教育者・日田をよくしたいと思う方・子どもたちの未来を考える大人・・・(先着100名)


図書館とまちづくり ~地域も元気にする図書館の秘密~
2014.06.21
宮崎県NPO活動支援センター  様

小布施町の図書館「まちとしょテラソ」 前館長の花井裕一郎氏の講演会。「まちとしょテラソ」の理念は「交流と創造を楽しむ文化の拠点」です。この理念を実現すべく奮闘した花井氏の講演は、活動ジャンルを問わず新たな気付きをもたらしてくれる。


「地域力を生む交流創造広場を創ろう!」
2014.06.20
日本アイ・ビー・エム株式会社 様

四国IBMユーザー研究会平成26年度総会にての講演

ヒト・コト・モノをつなぐまちづくりとして「交流」をテーマにする長野県小布施町。11000人の町に年間120万人のお客様が訪れる。
多くのお客様を惹きつける要因は、「交流」である。
小布施町では、「交流観光」ということばが存在する。自らが楽しみ、わくわくすることによって、お客様が訪れ、交流が始まり、結界的にビジネスをさせていただいた。
お客様を「おもてなしする」精神に宿る交流文化、そこから創造される地域力や場つくりを語ります。

新しい町図書館を考える〜世界に誇れる魅力ある図書館づくり〜
2014.06.11
池田町図書館 様

テーマ : 町民の意向を十分に反映し、すべての年代が使いやすく、また地域に誇れる魅力ある図書館づくりは、どうあったらよいか。
まちなか活性化に寄与する図書館づくりは、どうあったらよいか。

わくわく演出マネジメント〜まちづくりの中心に図書館を〜
2014.06.05
UAゼンセン政策・労働条件局 様

まちづくりに必要とされる演出について。

曖昧な空間演出がつなぐヒト・モノ・コト〜広場としての図書館づくり〜
2014.06.01
芸術教育研究所 様

乳幼児の表現教育から、高齢者のアクティビティ・ケアまで緑いぶく初夏の信州で、表現教育に役立つアートやおもちゃを自分の手で作りだして楽しむ、様々な地域・世代の人々との交流を楽しむ、親子でも参加の出来るスタディツアーを今年も開催します。

http://www.toy-art.co.jp/

わくわく図書館は地域の交流創造広場!
2014.04.14
小豆島町 

小豆島図書館関係者への研修


トークライブ 鎌倉幸子×花井裕一郎 「本・図書館・まちづくり」#2
2014.04.06
スタンダードブックストア心斎橋 

図書館を軸としたまちづくりとは? 本の持つチカラ、とは?
図書館・本をこよなく愛し、全国各地で積極的に活動をされている鎌倉幸子さん、花井裕一郎さん。

被災地東北で移動図書館を走らせる鎌倉さんと、まちづくりの中心に図書館を据えてまちを元気にする演出をする花井さんに、これからの図書館、まちづくりを本音でバトルトークしていただきます。

人をつなぐ本の魅力、まちづくりに欠かせない図書館の役割とは?

http://www.standardbookstore.com/archives/66142706.html


ソーシャルデザインカンファレンス A+A)リアルタイムプロジェクトが生むダイナミズムー理論と実践の同時進行ー 成功事例の現場から
2014.03.20
ソーシャルデザインカンファレンス実行委員会 

サステナブルな社会創生を目指して、今、私たちが取るべき行動指針を語り合うソーシャルデザインカンファレンス。
3年目の今回は、ソーシャルデザインの成功例として、瀬戸内国際芸術祭2013・小豆島事例にテーマを絞り、トークショーを行います。
2000万円の予算で10億円の経済効果を生み出し、アートや芸術で地域創生を成し遂げた事例をプロデューサーやアーティストを招いてご紹介します。

http://www.osaka-design.co.jp/event/2014/022713.html


わくわくする場をつくる
2014.03.18
大阪市淀川区 

図書館やそれに類似した場所を区民のみなさんと考えるワークショップ


ここに生きる!−地域文化が育み織りなす「未来のつくり力」
2014.03.05
大田市教育委員会 様 島根県教育庁 様 仁摩図書館 

テーマ : 地域の文化資源をいかに評価し、魅力的な場面を切り取り、魅力的な見せ方をするか。
これからの地方・地域が価値ある暮らしを未来まで繋いでいくために、我々は石見銀山という資産から、何を感じ、何を見せ、何に取り組んでいくべきか。
小布施という小さな小さな光輝く町で、地域を魅力的に表現してきた先駆者から学びます。

講演会場 : 仁摩図書館

「NPO法人本の学校 特別シンポジウム2014春」
「街の本屋と図書館の連携を考える―地域社会での豊かな読書環境構築に向けて―」
2014.03.05
本の学校 

地域の読書環境と出版産業の将来を切り開くための活動を続けているN PO 法人本の学校では、読書・出版環境が劇的に変わるいま、人々の読書環境をこれまで以上に充実させ、あわせて「知の再生産」の循環を再構築するために、地域の書店と図書館が連携できるのではないかと考えています。しかしこれまで両者の関係は、図書の「発注者」と「納入業者」にとどまり、相互に連携しながら地域の環境を整備していくという意識は乏しかったように思われます。
そこで、図書館人と書店人がコミュニケーションを深め、お互いの本質的な役割を認識した上で、地域の人々にこれまで以上に豊かな読書生活を提案する活動を進め、その結果として「知の再生産」サイクルが地域社会から整備されていくことを目指し、このほど書店と図書館の連携をテーマにしたシンポジウムを企画いたしました。書き手、図書館、行政、書店と様々な立場からこの問題についてお考えの方々をパネリストとしてお招きし、実践例や課題、あるべき読書環境の構築について、議論していただきます。

阿刀田高(山梨県立図書館長・作家)
片山善博(慶應義塾大学・前鳥取県知事・元総務大臣)
花井裕一郎(元小布施町立図書館まちとしょテラソ館長・NPOオブセリズム代表)
宮川大輔(春光堂書店専務取締役・甲府市)
高須大輔(豊川堂専務取締役・豊橋市)
◆日時: 2014年3月5日(水)13:30~16:00




わくわくまち探し@小布施発“ちずぶらり”に学ぶ極意
2014.03.01
瀬戸内市新図書館開設準備室 

「小布施ぶらり」の楽しみ方をベースに、地域、まちの魅力の探し方を
トーク頂き、次に、当市で制作中の「せとうちデジタルガイドマップ」の
を使って、瀬戸内市・牛窓地域の写真を観ながら、コメントやキャプションを入れるワークショップ

文部科学省委託事業平成25年度「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」



地域参加型の図書館を目指して 地域で支える図書館 地域を支える図書館
2014.03.01
北杜市すたま森の図書館 

テーマ:「市民参加型の図書館を目指して」図書館の運営に市民がどのように関わっていけるのか、また図書館として市民と協同して図書館を運営していくためのアドバイス等




図書館職員専門研修「地域と図書館」
2014.02.28
山梨県立図書館 

テーマ : 人々が集う図書館を演出する図書館運営やまちづくりに役立つ図書館など、図書館経営に関わった経験からのお考えや、図書館を離れNPO法人を立ち上げられた現在の立場からのご意見などを交えて講義

図書館等職員の職務能力向上を目的として実施している「図書館職員専門研修」の第6回目の講師として、「地域と図書館」と題した講演




ワークショップ 「梼原のわくわく図書館を創造する」
2014.02.25
高知県梼原町 

テーマ : 梼原のわくわく図書館を創造する
講演とワークショップ(ワールドカフェ)


公共施設からはじまるまちづくり ハードを活かすソフトの力
2014.02.22
黒崎ミライイ会議 

テーマ : 街を輝かせる外からの視点、外からの人
小布施のおもてなし、地元ではない花井さんの外からの視点、外と中をどう結び付けるか、外からの視点が街にとってどれだけ有益か、事例を交えながら講演

場所: 福岡県北九州市八幡西区黒崎 コムシティ



阿久根市職員活性化研修会「図書館がつなぐヒト・コト・モノ 地域力を生む交流創造広場を創ろう!」
2014.02.18
鹿児島県阿久根市 

市民交流センター等建設に際しての職員研修会



花井裕一郎さんとまちづくりやデザインについて語る会
2014.02.17
Npo法人頴娃おこそ会 

 テーマ : もてなしやデザインを大切にした独自のまちづくりで知られる小布施町から、今後のまちづくりを考える

会場:いせえび荘
時間 :18:30~21:00


地域で支える図書館 地域を支える図書館
2014.02.17
北杜市図書館協議会 様

 テーマ : 「民参加型の図書館を目指して」
図書館の運営に民がどのように関わっていけるのか、また図書館として民と協同して図書館を運営していくためのアドバイス等。

会場:北杜すたま森の図書館(須玉ふれあい館)
時間 :13:30~15:00


平成25年度鹿児島県図書館協会南薩支部司書等研修会「図書館はわくわくを生み出すところ!」
2014.02.17
鹿児島県図書館協会南薩支部 様

鹿児島県図書館協会南薩支部は4市(枕崎市・指宿市・南さつま市・南九州市)の図書館14館で組織されており、毎年2月に司書等研修会。

大人も子供もわくわくする図書館つくりのための発想やしかけを、はなぼん的演出マネジメントから学び、また、図書館がどのように地域と関わり、地域から必要とされる図書館になるのか学ぶ場にしたい。


会場 : 枕崎市民会館 第一会議室  鹿児島県枕崎市千代田町114番地
時間:14:10〜15:40

平成25年度「ふれあい図書館まつり」読書講演会「本を読みたくなる。図書館に行きたくなる。」
(大雪のためキャンセル)
2014.02.16
枕崎市立図書館 様

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校の保護者約200名が対象。

図書館が本を借りるだけの場所ではなく、本と人・人と人との出会いの場所であり、つながる場所であることを、はなぼんん的わくわくマネジメントから学び、図書館の存在を再認識

会場 : サンフレッシュ枕崎   鹿児島県枕崎市大塚北町33番地
時間:14:00〜15:00

自由でわくわくする公共施設のつくり方~人が動き出す演出マネジメントを学ぼう~
2014.02.12
京都市STG 様

京都市職員を中心の自主勉強グループ。毎月勉強会を開催。市民とまちをつくっていくためのヒントを探る。
 

トークライブ 花井裕一郎×鎌倉幸子 〜本・図書館・まちづくり〜
2014.02.010
株式会社内田洋行 様

図書館を軸としたまちづくりとは?本の持つチカラ、とは?

図書館・本をこよなく愛し、全国各地で積極的に活動をされている
花井裕一郎さん、鎌倉幸子さんをお招きし、参加者の皆さまと「前向きに考え共に語り合う」イベントを開催いたします。

・本が大好き!な方
・図書館が大好き!図書館の持つ場の魅力に惹かれている方
・まちづくり、地域活性化に興味をお持ちの方
・東日本大震災の被災地の復興再生に、思いを寄せていらっしゃる方


基山中学校キャリア教育授業
2014.02.02
基山中学校 様

対象: 基山中学校2年生・基山中学校1年生・希望する保護者(総勢約350人)
    (1クラス・1コマあたりの人数10名程度)
内容: 仕事に就いてある様々な方々の話を聞くこと。また、その方々との交流をする。
講話及びワークショップ① 9:009:50 ② 10:0510:55

西予市 職員研修「賑やかな図書館の「もてなし」まちづくり 〜ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント〜」
2014.01.30
西予市 様

職員のためのワークショップ
 
賑やかな図書館の「もてなし」まちづくり 〜ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント〜
2014.01.26
西予市 様

まちづくり講演会 ふるさとの風景「残す」「伝える」

会場 : 保健センター 4階
時間:14:00〜16:00

『ないのに、ある』=【見えないのにある】 みんなの素敵な力を引き出す演出
2014.01.19
公益法人 日本照明家協会 テレビ部会事務局 様

講演会場 : 長野放送(NBS)ホール


 
市民科学研究室・設立20周年記念シンポジウム
豊かな地域をつくる~「消費」と「所有」を超えて、科学・技術を生かすために~
2014.01.18
NPO法人市民科学研究室 様

【パネリスト】
大和田 順子(ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)  佐々木 健二(株式会社ジェイクランプ代表) 長尾 彰(プロジェクト結コンソーシアム理事長) 花井 裕一郎(NPO法人オブセリズムCEO) 上田 昌文(NPO法人市民科学研究室代表)

【開催概要】
日時:2014年1月18日(土)
    第一部 シンポジウム 14:00~17:30
    第二部 交流パーティー 18:00~21:00
場所:「せたがや がやがや館」 多目的室
    東京都世田谷区池尻2-3-11
    東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩7分 (※会場周辺地図はこちら
参加費:第一部 シンポジウム 1,500円 (別室にて託児あり)
    第二部 交流パーティー 2,500円 (小学生以下 1,000円)
定員:第一部・第二部ともに80名 (下記Web申込みにて先着順)
 
http://kokucheese.com/event/index/120596/

メディアリテラシーライブラリー
2014.01.08
清泉女学院大学 様

秋学期科目メディアリテラシーのゲストスピーカー。メディアの現場の体験を自由にトーク。

おもてなし空間づくりのプロ!花井裕一郎氏さんの「また来たいと思わせる場のつくりかた」
2013.12.21
戸田市議会  文教・建設常任委員会 様
 
会場 戸田市立図書館2階 視聴覚室  入場無料  会場:戸田市立図書館  時間 18:00 ~

発想の転換おもてなし 人が集まる空間演出を考える
2013.12.18
熱海市 様
 
職員研修にて講演


ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント 発想の転換とおもてなし
2013.12.16
三豊市 様
 
職員研修にて講演


 平成25年度東海・北陸地区図書館地区別研修 「ヒト.コト.モノをつなぐ本の広場!  わくわく図書館巡り」
2013.12.11
文部科学省 様 三重県教育委員会 様(主管)三重県立図書館 様
 
「行ってみたくなる図書館づくり」を研修全体のテーマとし、「内の知恵に学ぶ」と題して図書館の現場から講師をお招きする2日目の講義として、図書館の「ワクワク」について、全国の事例とともに考える。
その後、パネルディスカッション「行ってみたくなる図書館とは」にもご登壇

場所:三重県男女共同参画センター セミナー室C(三重県津市一身田上津部田1234)
時間 : 13時~14時30分


ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント   発想の転換とおもてなし
2013.12.10
NAS 様
 
 この先進的な取組みを進めるためのキーワードは、「発想の転換」! 行政の様々な場面で「発想の転換」が必要となります。公共施設の管理に関する講師の実体験を通じて、「発想の転換」のヒントを得てみませんか?
【日時】12月10日(火)午後7時~午後9時 ※開始時間に注意!
【場所】中野区役所9階会議室(中野駅徒歩2分)

講師  天米一志 氏(あまめ かずし)
※当日、スペシャルゲストに株式会社五星パブリックマネジメント研究所特任研究員花井裕一郎氏(NPO法人オブセリズムCEO)


ヒト・コト・モノをつなぐ本の広場を創ろう!
2013.12.07
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 様
 
日時:2013年12月7日(土)15:00--18:00 (開場 14:30)

会場:福昌寺 (東京都渋谷区東3-10-13)[最寄駅]JR・地下鉄日比谷線恵比寿駅から徒歩5分

参加費:2,000円
カンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンで図書館の活動を通じた教育支援を行っているシャンティ国際ボランティア会は、12月7日(土)の15:00から「本」「図書館」をテーマとしたイベントを開催します。
 鉄条網に囲まれた難民キャンプで、途切れつつある祖国の記憶。風化しつつある震災の記憶。
歴史やそこに生きた人の思いを「伝えていく」ために、「本」や「図書館」の役割を考えてみませんか。
 

「妄想」が描くまちづくりの極意~演出マネジメントを身につけよう~
2013.12.05
地域力!おっはークラブ 様

日 時:2013年12月5日(木)8:00〜9:15
場 所:地域活性化センター




「未来をつくる広場」わくわく図書館を探る
2013.12.02
東京理科大学工学部第一部建築学科 様

テーマ:小布施のまちとしょテラソの事例も含め、これからの多様な図書館のありかた

設計製図2の設計課題「サードプレイスとしての図書館」に取り組んでいる学部2年生(100名程度)を主な対象。建築デザイン的には、近年の図書館事例も学習しており、実体験として図書館を利用することも少なく、ソフトな仕掛けなどに対しては、ほとんどイメージがないのではないという。そのあたりを刺激を求められた。


イシノマキ・カワノカミ大学 #003 「ファンが創るまちづくり~図書館という広場が未来をつくる~」
2013.11.30
石巻・川の上プロジェクト 様

まちづくりの成功事例である「小布施」、その核となる図書館「まちとしょテラソ」(Library of the Year 2011の大賞)の初代館長でもあり、現在は、小布施を拠点としながらNPO法人オブセリズムのCEOとして、図書館をはじめ、まちづくり活動の拠点とす る文化施設(美術館・博物館・文書館等)をワクワクする場として、まちが元気になるようにアドバイス及び運営支援、地域の活性化を積極的に行っていらっ しゃる花井裕一郎先生をお招きし、「ファンが創るまちづくり~図書館という広場が未来をつくる~」と題してご講演いただきました。【公式サイトより】


花井裕一郎氏 図書館でまちおこし!! 講演会とシンポジウム
2013.11.23
菊池の図書館を考える市民の会 様

菊池文化会館14:00~17:00

講演「図書館でまちおこし」  シンポジューム「こんな菊池の図書館を創りたい」

第99回全国図書館大会福岡大会 第1分科会「公共図書館」
2013.11.22
第99回全国図書館大会 福岡大会事務局 様

大会テーマ 「あなたの未来をひらく図書館」
11月21日-22日に開催されるこの大会。22日の第1分科会にて事例発表をします。

テーマ : まちを元気にするわくわく図書館

https://amarys-jtb.jp/2013lib_fukuoka/


基山町民によるわくわく図書館の作り方
2013.11.19
佐賀県基山町 有志 様

協働の図書館づくり、まちづくりのヒントが満載! ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント 発想の転換とおもてなし

基山町の新図書館建設に向けて有志のみなさんの勉強会


「映像作家がつくった、日本一チャーミングな図書館」〜まちづくりにつながる、これからの公共空間のあり方とは?〜
2013.11.18
西尾市 様

西尾市公共施設再配置講演会 みんながする公共施設をつくろう  平成 25 年度 国土交通省 先導的官民連携支援事業


まちづくりと文化施設の役割
2013.10.30
日本図書館協会 様 キハラ株式会社 様

10:00~12:00 「まちづくりと文化施設の役割」
    
世界的建築家・隈研吾氏とまちづくり演出家・花井裕一郎氏が登場

講師
隈 研吾(隈研吾建築都市設計事務所/東京大学教授)

花井裕一郎(NPO法人オブセリズムCEO、小布施町立図書館まちとしょテラソ・前館長)
司会:岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)
協力:アカデミック・リソースガイド株式会社 / 図書館総合展運営委員会


図書館とまちづくり~地域を元気にする図書館とは~
2013.10.28
静岡県教育委員会 様 静岡県図書館協会  様 静岡県読書推進運動協議会 様

ライブトーク「図書館とまちづくり~地域を元気にする図書館とは~ 」

伝えよう 図書館の力 広げよう 新たな可能性

図書館とまちづくり ~地域を元気にする図書館とは~ 

 図書館は時代とともに、その役割や形を変えてきています。 現在では人々の交流の場として様々なサービスを行い、「まちづくり」「まちおこし」の一環となっている図書館もあります。人々とのつながりを大事にし、地域を元気にするには、図書館は何をすればよいでしょうか。
 今回はまちづくりの一環として様々なサービスを提供している図書館の方や若者の社会参画を促進する活動を行っている方の話を聞き、図書館の新しい可能性を探ります。
大串 夏身  氏(昭和女子大学人間社会学部 特任教授)
平賀 研也  氏(長野県伊那市立図書館 館長)
花井 裕一郎 氏(NPO法人オブセリズムCEO)
鳥谷部 綾香 氏(静岡県立大学3年 若者エンパワメント委員会代表)

10月28日 月曜日
午前9時45分~午後3時45分
受付 午前9時10分~午前9時45分)

ライブトークは、10:50~12:30

http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/toshokantaikai/2013/event_top.html


山梨市 新市立図書館講座「効果的な図書館利用」
2013.10.27
山梨市立図書館 様

第3回「効果的な図書館利用」
 講師 小布施町立図書館「まちとしょテラソ」前館長・花井裕一郎さん
 図書館を利用することで、教育、生活、知識習得、生涯学習活動などにおいてどのようなメリット、効果が得られるのかを学ぶ

http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/event/2013-0813-1750-68.html



 
全国公共図書館研究集会 基調講演
2013.10.24-25
(社)日本図書館協会公共図書館部会・山形県教育委員会 様

 テーマ : 図書館サービスのこれから~情報と交流の拠点を目指して~


まちを、図書館を元気にする、はなぼん的わくわく演出マネジメント(仮)
2013.10.22
東部地区公共図書館研究会 様 
 
テーマ : 図書館を巡る懸案事項(施設老朽化、図書資料購入費、指定管理者導入に対する是非、利用者数の減少(特に少子化の影響による児童の)職員数の削減、等々)により、当会参加館の施設に
おいても例外ではなく、施設管理・運営の閉塞感が否めません。
地域との連携をすすめ、ネットワークを強化して、図書館の利用増、読書の推進を図りたいと思っております。そのきっかけ作りを学びます。
 
時間:14:00から16:00 場所:埼玉県三郷市文化会館 (加盟館のみの参加可の講演会です)
 
 
リバティアカデミー講座『「ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント」
2013.10.21
明治大学リバティ アカデミー 様 
 
【日本図書館協会後援】専門職として技能を磨き、知識を深めよう 
テーマ:町おこしを支援する図書館
内容 : 現職の図書館員(公共図書館員が主、非正規職員が大半)に、
現場で今、何をすべきか、利用者との関わり、行政との関わり方など、町のコミュニケーションの場となる図書館を作るために留意すべきことを考える。
 時間:19:00~20:30  場所:駿河台キャンパス
 https://academy.meiji.jp/course/detail/1459/
 

 
まちを元気にするわくわく図書館をつくろう!
2013.10.12
安城市中央図書館 様 

時間: 14:00~16:00(予定)
場所:


伊那谷デジタルコモンズフォーラム「ちずサミット」
2013.10.11
高遠ぶらり制作委員会 様 

 
「小布施町にみるまちづくり」講演会
2013.10.06
NPO法人 iさいと 様 共催:宮崎県NPO活動支援センター 様

まちづくり「ふらっと」講演会図書館から世界へ!そして、未来へ!!
日時 : 平成25年10月6日(日) 13:30~15:55 (受付開始 13:00)
会場 : 県電ホール (宮崎県企業局庁舎1F)〒880-0803 宮崎市旭1丁目2番2号
問い合わせ:NPO法人 iさいと まちづくり事業部
宮崎市鶴島2丁目9番6号 みやざきNPOハウス201号
TEL / FAX: 0985-89-4230   E-mail: chiiki@isaito.net
定員 : 100名(先着順受付け)・定員になり次第申し込み締切ります。
■お申し込みの際は、できるだけ「メール」または「FAX」にてお申し込みください。お電話でのお申込みもお受けします。


地域と図書館〜図書館から地域をリメイクします〜
2013.10.05
上田女子短期大学 観光文化研究所 様

平成25年度上田女子短期大学観光文化研究所 第12回大会
地域の情報拠点としての図書館が注目されています。新しい図書館像をみなさんと一緒に考えたいと思います。

ゲスト:花井裕一郎氏(NPO法人オブセリズム)
    宮下 明彦氏(上田女子短期大学講師 長野県図書館協会事務局長)
内容:1.学生による研究発表
   2.花井裕一郎氏講演「地域と図書館」
   3.シンポジウム「地域と新しい図書館のかたち」
     コーディネーター:木内公一郎(准教授 図書館情報学)


大学図書館を“わくわく”の場に!―小布施・まちとしょテラソからの提案
2013.09.07
大学図書館問題研究愛知支部 様

テーマ : わくわく演出マネジメントに学ぶ!大学図書館活性化
時間 14:00〜16:30
場所 名古屋国際センター


元町カフェ
2013.09.05
元町カフェ 様

兵庫県の中堅職員が主催しているオープンな勉強会&交流会。

【テーマ】「発想の転換」と社会の演出 【ゲスト】花井 裕一郎さん(まちとしょテラソ前館長) 【日時】 9月5日(木)18:30~20:50(終了後、懇親会) 【場所】 兵庫県職員会館 多目的ホール
 
【会費】 300円(懇親会参加者は別途3,500円程度) 【持物】 名札(ふだん職場でお使いのもので結構です) 【申込】 こちらのサイトからお願いします。
 
陸前高田「花井裕一郎講演会」
2013.09.01
陸前高田 有志のみなさま 様

日時 :2013年9月1日(日) 18:30~20:00  場所 :りくカフェ 陸前高田市高田町字鳴石22番9号  参加費:無料 事前に下記問合せ先まで電話もしくはメールで申込ください。  問合せ:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 三木 Tel:080‑6849‑9690  Mail:miki@sva.or.jp


スワドリームサロン「めんどくさいはおもてなし〜演出マネジメントの考え方〜」
2013.08.27
諏訪商工会議所まちづくり推進本部 様

ゲストの情熱を感じ地域づくりに刺激を受け合う楽しい座談会

日  時: 8月27日(火)  時  間: 18時~19時30分  場  所: 諏訪商工会議所 諏訪市小和田南14-7 ☎(0266)52-2155  参加費: 無料  定  員: 30名(先着順・参加無料)


第1回マイクロ・ライブラリーサミット
2013.08.24
まちライブラリー@大阪府立大学 様

公共図書館や大学図書館、企業スポンサーによるものではなく、個人の思いや力で立ち上げられた小さな図書館が、日本各地で展開されています。
このような小さな図書館はともすればその存在が忘れられがちですが、私たちが本に接し、人と出会っていく上ではとても大事な役割を果たしています。
社会が複雑になり、効率優先的になるにつれて、お互いの顔が見え、相互に協力しあって運営されている小さな図書館の存在が再認識してもらえると考えています。
このような小さな図書館をやっている人たちが、夢や体験を語り合い、共有できる場をつくりたいと思い「マイクロ・ライブラリーサミット」を開催します。
 
◇13:15 – 3時間目「地域の取り組みと公共図書館」 [05] 小布施まちじゅう図書館 (長野) [06] 伊丹市立図書館ことば蔵 カエボン部 (兵庫)

http://opu.is-library.jp/567/


京都図書館大会「まちを元気にするわくわく図書館」
2013.08.19
第22回京都図書館大会実行委員会 様

大会テーマ「すべての人にサービスを ~こんな図書館に行ってみたい~」(仮)
「まちとしょテラソ」の活動事例を中心に、図書館という“場”で挑戦できる新たなサービス展開について


「つかさのまち夢プロジェクト みんなの森フォーラム ぎふメディアコスモスを語ろう」
2013.07.31
岐阜市 様

フォーラムディスカッション 〜ぎふメディアコスモスを語ろう〜
中央図書館を中心とした複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の着工記念行事にてパネルディスカッション。


http://www.city.gifu.lg.jp/13422.htm

日時:平成25年7月31日(水) 午後1時~(午後0時30分開場)  場所:岐阜市文化センター 1階 催し広場(岐阜市金町5丁目7番地2/TEL:058-262-6200)  ※入場無料(500席先着順)

フォーラムディスカッション ~ぎふメディアコスモスを語ろう~
ファシリテーター 
日比野 克彦氏(アーティスト/東京藝術大学教授)
パネリスト
伊東 豊雄氏(伊東豊雄建築設計事務所代表取締役)
野田 聖子氏(衆議院議員)
花井 裕一郎氏(小布施町立図書館まちとしょテラソ前館長)
三矢 勝司氏(NPO法人岡崎まち育てセンター・りた理事)
細江 茂光 岐阜市長



図書館職員学び直し講座
2013.07.31
岐阜市 様

フォーラムディスカッション 〜ぎふメディアコスモスを語ろう〜
中央図書館を中心とした複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の着工記念行事にてパネルディスカッション。


http://www.city.gifu.lg.jp/13422.htm

日時:平成25年7月31日(水) 午後1時~(午後0時30分開場)  場所:岐阜市文化センター 1階 催し広場(岐阜市金町5丁目7番地2/TEL:058-262-6200)  ※入場無料(500席先着順)

フォーラムディスカッション ~ぎふメディアコスモスを語ろう~
ファシリテーター 
日比野 克彦氏(アーティスト/東京藝術大学教授)
パネリスト
伊東 豊雄氏(伊東豊雄建築設計事務所代表取締役)
野田 聖子氏(衆議院議員)
花井 裕一郎氏(小布施町立図書館まちとしょテラソ前館長)
三矢 勝司氏(NPO法人岡崎まち育てセンター・りた理事)
細江 茂光 岐阜市長



コーディネートに必要な情報を使いこなす術を学ぶ
2013.07.09
社会福祉法人長野県社会福祉協議会 様

平成25年度ボランティアコーディネーター要請研修[基礎編]

http://www.nsyakyo.or.jp/modules/vola_contents/index3_2_4_p682.html


ことば蔵開館1周年に寄せて
2013.06.30
伊丹市立図書館「ことば」 様

 テーマ : 「Library of the Year」を目指して  記念講演とパネルディスカッション


交流と創造を楽しむ文化の拠点としての図書館
2013.06.27
北秋田市鷹巣図書館 様

まちを元気にするわくわく図書館をつくろう!~図書館が地域とどう関わることができるかを考える~


まちを元気にするワクワク図書館をつくろう!
2013.06.21
文部科学省 様
国立教育政策研究所(社会教育実践研究センター) 様

司書として必要な高度かつ専門的な知識・技術に関する研修を行い,都道府県・指定都市等での指導的立場になりうる司書としての力量を高める講座の1コマ。


「わくわくするまちづくり〜演出マネジメントでつなぐヒト・コト・モノ〜」
2013.06.19
NPO法人空間松代のまちと心を育てる会 様

図書館とまちづくりの関係についてお話させていただきました。

http://matiaruki.naganoblog.jp/e1290841.html


まちを元気にするわくわく図書館
 2013.05.24
 岐阜県公共図書館協議会 様

館長および職員を対象とした研修会。講演の内容は、まちとしょテラソの事例を中心として、図書館が地域とどう関わることができるかという観点

条例制定記念事業「話してつながる読書のまち市民カフェ」
2013.05.26
恵庭市教育委員会 様

これまでに培われた読書環境を次の世代に引き継ぐための道しるべとなる「恵庭市人とまちを育む読書条例」が平成25年4月1日に施行された。これを「読書のまちづくり」の出発点と位置付け、読書推進月間事業をはじめとした今後の進め方について、市民とともに考え、話し合う機会を持つ。

http://www.eniwachienet.jp/event-detail.php?id=1862



ヒト・モノ・コトをつなぐ演出マネジメント
2013.04.22
イオン労連 幹部研修会 様

演出という手法によるとまちづくりについて
「まちづくりと歴史・文化・芸術」について
2013.03.28
大槌町 様

MLA連携による図書館づくりとまちづくりについて


ライブラリーキャンプ特別企画「花井裕一郎さんとおぶせまち歩き」
2013.03.17~18
ライブラリーキャンプ実行委員会 様

小布施まち歩きと「はなぼん~ワクワク演出マネジメント」を中心にしたトークセッション


第1回植本祭
2013.03.10
まちライブラリー@大阪府立大学プレオープニングイベント

キーノート・トーク
「本に囲まれた場を交流空間にする!」
服部滋樹(graff代表) 中川和彦(スタンダードブックストア) 花井裕一郎(小布施町立図書館まちとしょテラソ前館長) 乾聰一郎(奈良県立図書情報館) 礒井純充(まち塾@まちライブラリー提唱者)


カタリストグループセッション
24個のテーマに別れグループセッションを行う! 
【28】小布施を交流の拠点にする!(花井裕一郎)



小布施町の街づくりについて
2013.03.04
諏訪商工会議所まちづくり推進本部 様

小布施町立図書館まちとしょテラソを「小布施町の図書館を町づくりの中心」と提案した自身の思いや目指したところや図書館活動を通じどのような成果があったか体験談を講演。


演出家・「まちとしょテラソ」前館長花井裕一郎さんトーク&サイン会
2013.02.28
平安堂 様

『はなぼん〜わくわく演出マネジメント〜』(文屋刊)発売記念
小布施を軸と決め、世界を見据えて活躍する映像作家の目指すものは―?「これまで」と「これから」について


第34回図書館建築研修会「にぎわい・ふれあい空間を考える」
2013.02.25
日本図書館協会施設委員会 様

「図書館」利用者は「静けさ」のみを求めているわけではありません。家族や友人と過ごす時はもちろん、個人利用の場合でも「人」の存在を意識し触発しあってい ます。プライバシーも尊重しつつ、「にぎわい・ふれあい」を求めるニーズに、図書館と図書館建築はどのように応えるか‐‐大学図書館、小布施町立図書館まちとしょテラソ」を事例に、空間演出やイベントの仕掛け方などを学びます。
(公式サイトより)


みえアート&カルチャートークセッション小布施と伊勢
2013.02.01
三重県環境生活部文化振興課 様

地域の図書館を「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」として、様々な試みを先進的に実践している「まちとしょテラソ」の事例と、デジタルアーカイブ活用アプリ「伊勢ぶらり」の事例を紹介しながら、文化コンテンツを地域づくりに生かすためのヒントをご参加の皆様と一緒に考える。


地域資源としての大学図書館の役割
2013.01.18 
江戸川大学 様

地元の誇りになるような図書館づくりとは。小布施町立図書館「まちとしょテラソ」の紹介。
そこに関わることになった経緯や、図書館での取り組み。
特に、テレビ局プロデューサーという前職を生かした地元の人々の映像アーカイブ化など。


文屋座 はなぼん〜わくわく演出マネジメント〜出版記念
2013.01.17
文屋 様

小布施という場に軸足の一つを置きながら、目線は世界へ、そしてもう一つの軸足も全国・世界へ自在に置いて活動していきたい。
また「世界」には、井の中の蛙に甘んじることなく、考え方や暮らしぶり、生み出すものごとの品質で世界標準を意識する。

ものごとを考えるときに、百年さらには千年という長いものさしを念頭におく。当面の成果に心を配りつつも、短期的な視点にとらわれることなく、「杉の苗を植えて育てるような」(二宮尊徳翁)長い視座を、つねに持ち続けることの大切さと決意。

(講演記録より 文屋:中島敏子)
  
http://www.e-denen.net/blog.php/day/2013-1-25


まちとしょテラソ わくわく演出マネジメント
2013.01.17
イオンリテールワーカーズユニオン 様

これまで取り組んできた内容紹介。
小布施に移り住んでみたいと思った魅力やこれまで取り組んできた内容と現状のギャップとその課題をどう解決するべきか?


報の受発信とは/ものごとをうまく伝える・うけとる
2012.12.14
長野ボランティアセンター 様

ボランティア・地域活動 コーディネート力養成講座

情報の受発信とは/ものごとをうまく伝える・うけとる   前半 講演 後半 ワークショップ


賑やかな図書館がチャレンジするまちづくり
2012.12.06
UIゼンセン同盟 新潟県支部 様


わくわく演出マネジメント
2012.12.05
イオンリテール 様


「組織」から考えるアートプロジェクトの可能性
2012.12.04
東京文化発信プロジェクト 様

「組織」を「地域資源を活用する主体」と読み替えた時に、組織はどのように運営されれば地域に根付き、活性化し、活動を継続・継承していく仕組みとなるのか。小布施町立図書館「まちとしょテラソ」立ち上げから運営の仕組み、プログラム作りなど、図書館が地域と関わっていく、その具体的な事例から、組織について考える。
(公式サイトから)

http://www.tarl.jp/cat_report/4480.html