HOME  WORK  DONATION  MEMBER  LOGO  

HOME > MEMBER

hanai_mono.jpg

花井 裕一郎

CEO

1962(昭和37)年、福岡県・筑豊に生まれる。小布施町在住。
演出家。小布施町立図書館まちとしょテラソ前館長。
NPO法人オブセリズム CEO。
1989年~1994年、フジテレビジョンにて番組演出。1994年~1996年、NHK、TBS、日本テレ ビ、東芝EMIにて番組、PVの演出。2000年より長野県小布施町を拠点とする。2002年、小布施堂文化事業部長に就任。2003年~2009年 「60秒シネマコンペティション」事務局担当。2007年より「おぶせTシャツ畑」ディレクター。
2007年12月~2009年7月、小布町立図書館館長として新図書館準備室勤務。2009年7月~2012年11月、小布施町立図書館「まちとしょテラソ」館長。
「ないのにある」=「存在そのものは目に見ることが出来ないが、そこにはエネルギーが存在する」ことを体感しながら、本来の人間の姿・生き方を模索し、創作活動を展開。
主な映像作品は、「中田久美 密着400日」(1992)、NY、ブラジル、ジャマイカ、プエルト・リコ、ドミニカ共和国、キューバ等の音楽ドキュメンタリービデオ演出 (1996~2001)、ROEN MOVIES(2001)、OBUSESSION MOVIES(2001~2007)、ドキュメンタリー「カカオロード~歴史に刻まれた生命の糧~」(監督、2004)、THE MODS「LIVE WITH ROCK'N'ROLL」プロモーションビデオ(2004)。
著書『はなぼん〜ワクワク演出マネジメント〜』(文屋)
関連図書『しあわせな仕事の見つけ方、つくり方~共感・応援の時代の仕事道~』(ワニプラス、久米信行著)


yabuchan.jpg

薮原 秀樹

理事長

1963(昭和38)年、徳島県に生まれる。大阪府在住。
小布施親善大使。
20代で西洋哲学を、30代で東洋哲学を学ぶ。40代で、西洋哲学と東洋哲学を融合させた自己修養法「わもん」を確立。
会社経営や選挙応援などの経験を経て、2007(平成19)年12月、株式会社わもんを設立、代表取締役として現在に至る。
全国の企業や自治体、教育機関、各種組織において、人の話を聞くことに徹し、人や組織の潜在力を最大限に引き出す「わもんコンサルティング」活動を展開。セミナーや講演会での講師活動多数。
「聞く力」への関心が高まる中、「わもん」修得を希望する人々の声に応えて、聞き方教室「わもん塾」や「わもん」の道場「白帯心徒塾」「黒帯心徒塾」ほか 講習会を数多く開催し、「わもん」の普及に尽力。医療や美容、教育、サービス、ホスピタリティ業界等、さまざまな専門分野において実践者が増加している。
各種メディアからも注目が集まり、テレビ出演や雑誌インタビュー掲載ほか新聞、業界紙、行政広報紙等でとりあげられ、大きな反響を呼ぶとともに、全国各地・各界に「わもん」が浸透中。
著書に『わもん 聞けば叶う』(文屋、2011年)がある。

http://wamon.co.jp/


hakoyama.jpg

箱山 正一

副理事長

1974年生まれ

箱山ふとん店 4代目
大手総合通販ベルーナ(9年)→小布施堂(栗菓子製造販売4年)
       →箱山ふとん店(実家4年目)現在に至る

田舎くさい長野が大嫌いで飛び出し、大学から憧れの首都圏生活(でも千葉)。都内の大学卒業後、大手通信販売で人事採用・教育担当として9年間従事(でも埼玉)。板前の職人目指し小布施堂(蔵部)に中途採用されるも、営業、店舗、教育担当として幅広く4年間従事。

 
創業100年を迎えた実家のふとん屋に4代目として入店し、2013年でふとん屋が5年目となる。『営業しない営業がモットー』毎日のように3代目の父親とケンカや言い争いの日々(笑)
 
有り余る体力ともてあました時間をつかってさまざまな活動を展開中
■長野各地で綿花(コットンボール)栽培を推進『綿バーズ』主宰
■城山小学校PTA(2013)・・会長
■西之門町青年部 部長(地元町内)『西の門市』・・・企画運営
■「ぼくらのごはん。」食卓の原点回帰を考えるイベント(2010~)・・・企画運営
■高野登 寺子屋 百年塾(2010~)・・・企画運営
■門前空き家見学・相談会・観光ガイド・・・スタッフ
■パスタと自然派ワインの店 こまつや・・・バイトスタッフ
■善光寺びんずる市(2013~)・・・実行委員長

まだまだ Life gose on・・・。

http://hakoyama.com